畜産物の安全性向上のためには、個々の畜産農場における衛生管理をより向上させ、健康な家畜を生産することが重要です。
 このため、農林水産省では畜産農場に危害要因分析・必須管理点(HACCP)の考え方を取り入れた飼養衛生管理を推進しており、平成21年8月には、『畜産農場における飼養衛生管理向上の取組認証基準(農場HACCP認証基準)』 を公表しました。

農場HACCPとは

 HACCPは Hazard Analysis Critical Control Point の頭文字をとったもので危害要因分析(HA)必須管理点(CCP)といわれるものです。
 農場HACCPは農場の飼養衛生管理にHACCPの考え方をとり入れて、生産される畜産物の安全性の確保及び生産性の向上を図るためのものであり、危害要因の分析・評価(HA)を行い、個々の農場の状況に応じた一般的衛生管理プログラムや必須管理点(CCP)を決め、適切な飼養衛生管理に取組むことにより最終的な製品の危害汚染を防止しようとするものです。

農場HACCP推進農場について

 「農場HACCP認証農場」取得への取組を支援するため、飼養衛生管理等の向上を目的として農場HACCPに取り組み、一定の要件を満たす畜産農場を、「農場HACCP推進農場」として公益社団法人中央畜産会が指定しています。

指定のメリット

1.農場HACCP方式による衛生管理に取り組んでいる農場であることをアピールできること。
2.飼養衛生管理基準を遵守している農場であることをアピールできること。
3.指導機関等による指導・助言を受けることができること。

TOP